寝る前にカギを掛け忘れたことを思い出した。

kagi_kakeru毎日繰り返し行われている行動は、いつの間にか習慣化していきます。習慣化とは言ってしまえば「慣れ」であり、そこにはついつい油断が生じます。「ついうっかり」というやつです。

カギをかけるという行為は、それ自体が非常に重要であると認識されていながら、それが日常的に繰り返し行われることで、いつの間にか習慣化してしまうことの代表格でしょう。家を出てカギをかけること自体、毎日の繰り返しでいつのまにか「無意識」に行っているという人も多いのではないでしょうか。しかしこの「無意識」がかなり厄介な問題に発展することもしばしばあるのです。

たとえば空き巣被害の多くはピッキングなどの不正解錠による侵入が大半と思われがちですが、警察発表によれば「カギのかかっていない玄関ドアや窓」からの侵入が意外と多いことに驚かされるものです。つまり多くの人はときとしてカギをかけ忘れ、そしてそのことに気が付いていないことが多いのかもしれないのです。
自動車のドアロックについていえばエンジンキーとともに管理されることが多く、たとえばエンジンが停止しカギの位置が一定範囲外になったと電子的に判断された場合、自動車に搭載されたコンピューターは運転者が車外に出たと判断し、自動でドアロックをかけるというシステムも珍しくなくなりました。
マンションなども多くの住人が使用するエントランスにはオートロックシステムの付いた自動ドアを使用しているところも珍しくありません。もちろん、そうしたセキュリティーが万全でないことは明らかですが、少なくともカギのかけ忘れを防止する効果はあると思われます。

何かの拍子に会社や自宅のカギをかけたかどうか明確な覚えがない自分に気づき、急に不安になってくるという経験は誰にでもあることではないでしょうか。人間の行動が完全に制御出来ない以上、それ自体不完全であっても、機械によるセキュリティー強化は当然の流れと言えるのです。